カメラ関係のお話【5】  ~室内編・ホワイトバランス~
d0041956_2019364.jpg

またまた ポッキーさんにモデルになって頂いて撮影です。
でもなんか写真の色が冴えません。。。。。

こういった時はホワイトバランスを調整しましょう。
光にはロウソクや白熱電球見たいな赤みがかった色の光や、
蛍光灯の様に青白い光があります。
どんな光で撮っても『白いものが 白く写る様に調整』する事を
『ホワイトバランス(WB)調整』と言います。
カメラは自動でホワイトバランスを調整(オートホワイトバランス)してくれるのですが、
その色味が好みではない時は自分で調整するとよいです。





これは室内の蛍光灯の下での撮影です。
ホワイトバランス(WB)の設定をオートではなく、
マニュアルでいろいろ変えて撮ってみました。 色の変化が良くわかりますね。
d0041956_202058.jpg
カメラのWBをいじっていくと、太陽マークや日陰マーク、電球、蛍光灯などいろいろなマークが出てきます。
これは例えば『電球マークに合わせれば、電球下で白いものが白く写せますよ』という事です。
横にあるのは色温度の数値です。
  電球のように赤みのある光は数字が小さく、
  蛍光灯や日陰なと青白い光は数字が大きいです。
単位はK(ケルビン)。
カメラによってはマークではなく直接数値で調整する事も出来ます。

ウチの蛍光灯の下で 電球マーク(3000K)の設定でと撮ると青くなってしまいました。
これは電球の光は赤いので、カメラが青く調整してバランスを取ろうとしているのです。
しかし蛍光灯下ですので青くなりすぎてしまったのです。

逆に日陰(7500K)では赤くなりすぎていまいました。

この状況下でのぼくの好みは『蛍光灯3(6600K)』
これで撮影したのがこれです♪ 
d0041956_20205853.jpg
カメラのメーカーにより若干色味は違ってきますので、色々試して見ましょう。
ごちゃごちゃと書きましたが理屈は覚えなくて良いので、いろいろWBをいじって試し撮りし気に入った色味を選ぶだけです。

『夕焼けを撮ったのに印象と違うぞ』 こんな時や、
『せっかく白熱電球の下で撮ったのに、蛍光灯に下で撮った写真みたい。。。』
こんな時もWBをいじればOKです。

これはケータイのカメラでも同じです。
画面に出ている『ガイド』のボタンを押せば、
どのボタンがWB調整かがわかりますからいじって見ましょう。
見違えるような写真になりますよ♪


d0041956_20211312.jpg
はいポッキー、モデルご苦労様でした(^^)♪
by cogi181sophie | 2007-09-21 01:05 | 写真&カメラのお話


<< 中秋の名月。。。♪ 2007 巨峰の丘マラソン大会... >>