カメラ関係のお話【2】 ~単焦点レンズ と ボケ~
前回もお話しましたが、
望遠レンズはピントの合う範囲が狭い ので、
手前や背景がボケた写真が撮れます。
d0041956_0144740.jpg
            (180mm F6.3)


広角レンズはピントの合う範囲が広い ので、
手前から背景までピントの合った写真を撮ることが出来ます。
d0041956_0155165.jpg
            (18mm F10)

ピントの合う範囲を『被写界深度』と言ったりもしますが、
これを調整するにはレンズの焦点距離を変える(広角にしたり、望遠にしたり)他に、
レンズの『絞り』を変えることでも調整する事が出来ます。

これは結構知ってる方も多いと思いますが、おさらいしましょう♪



これは 50mmレンズ 絞りはF2で撮影。 
左下のテーブルにはピントが合ってますが、後ろのイスや ドアはボケてますね。
d0041956_0221493.jpg
                 (50mm  F2)



同じ 50mmレンズで 今度は絞りはF11で撮影。
手前のテーブルから 後ろのドアまで くっきり見えます。
d0041956_0241872.jpg
                 (50mm  F11)


◆同じ焦点距離のレンズなら 絞り(F値)は開けたほうが、背景が良くボケるよ~♪◆◆
ズームが出来ない レンズを 『 単焦点レンズ 』 と言いますが、
単焦点レンズには絞り値の 小さい、明るいレンズが多いです。

今回使用したのは『 50mm F2 』 の明るいレンズ。 
広角でもなく、それほど望遠でもない 中ぐらいのレンズです。
d0041956_0334265.jpg
      これも絞り開放 F2で撮影。 とてもピントが浅いです。 
     鼻にピントを合わせたら、目はなんとか合ってますが、耳はボケてます。



◆明るいレンズだと 速いシャッタースピードで撮る事が出来るよ~♪◆
ここは河口湖にあるワンコOKのプチホテル 『 クース・クース 』 のドッグランです。
d0041956_0382592.jpg
          50mm F2 1/2000



d0041956_0384267.jpg
          50mm F2 1/1250


◆明るいレンズは 室内でも大活躍だよ~♪◆ 
クース・クースのお部屋での一枚。 オネムですね(^^;)
d0041956_0435173.jpg



クース・クースのレストランで撮影してみましたよ~♪
d0041956_0445099.jpg
d0041956_04523.jpg
d0041956_0451542.jpg
d0041956_0454299.jpg

なかなか 楽しいレンズですね(^^)♪
by cogi181sophie | 2007-04-18 20:02 | 写真&カメラのお話


<< 小川。。。♪ 京都。。。♪ >>