ラジオ と ボス。。。
本日付けでぼくの上司が退社されます。
3年間という短い間でしたが、非常にインパクトのある方でした。
以前のエントリーにも出てきた方です(^^)
今日はそのボスの事をちょっと書いてみたいと思います。


その前に、話はなぜか30年前に遡ります。
 ぼくが小学生の時『BCLブーム』と言うのがありました。。。


BCLとは 『 短波ラジオで世界の放送を聴こう 』と言うものです。
ウキペディアにも載ってます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/BCL
現在のようにインターネットなんて無かった時代、
海外の情報をいち早く手に入れる手段が『ラジオ』だったのです。

そのブームの火付け役になったのがソニーの『スカイセンサー5800(ICF-5800)』
これは親父が購入したものが家にあったのでずっと使ってました。
d0041956_14301143.jpg


そしてブーム絶頂期に君臨していたのが
東の勇 ソニーの『スカイセンサー5900(ICF-5900)』と
西の勇 松下電器の『クーガー2200(RF-2200)』でした。
d0041956_14303636.jpg


当時この2台は周波数直読式の憧れの機種で、
友達と集まってはこれらの話ばかりしていた時期もありました。
家にあったスカイセンサー5800は直読式ではなかったので、
どうしてもワンランク上の機種が欲しくなったのですが、
スカイセンサー5900は友達のTクンが、クーガー2200はSクンがもっていたので、
ちょっとハズシたい僕はクーガー2200の後に出た
松下電器の『プロシード2800(RF-2800)』を手にいれたのでした。
d0041956_14312080.jpg

当時のぼくにとっては夢の様なラジオであり、夢中で使っていました。。
大人になってから中古でスカイセンサー5900とクーガー2200も手に入れましたが、
当時の楽しさを思い出しまして嬉しくなりました。

それからしばらくして。。。。今から3年前、
新しく上司に迎えた方が、なんとあの憧れの
『クーガー2200(RF-2200)』を実際にデザインされた方だったのです!!
なんという夢のような話。
しかもぼくが持っているプロシード2800も手がけ、
その後なんとソニーへ移って『 ICF-6500 』等もデザインされたそうです。
    (そう言われて見れば デザインモチーフ一緒じゃん ^^;)
d0041956_14315083.jpg


なんか巡り合わせって凄いですね。
その上司が退社されます。
いろいろ教わる事も多かったです。有難うございました。

でもって今夕は送別会! 飲むぞ~♪
by cogi181sophie | 2006-10-31 17:38 | その他


<< 送別会。。。 岩手フェア。。。 >>